その他

私がNFTを買う理由【なぜウマ娘用のTwitterで発信するのか】

こんにちは。ぎのっちです。

 

最近ウマ娘の話をせずにNFTの話ばかりしています。

 

私のツイートがうっとおしくなってフォローを外した方もたくさんいるかと思います。

 

別のアカウント作れよ!と思った方も多いのではないでしょうか。

 

それでも私はウマ娘に関連するアカウント、このブログでNFTの話を辞めることはありません。

 

なんだかんだ関連性があるお話なんですよ。

 

何故ウマ娘用のアカウントを作っていたにも関わらず、NFT専用のアカウントは作らないのか。

 

その辺も絡めて今、私がNFTに触れている理由についてお話できればと思います。

コインチェック

ウマ娘のNFTが出た時に買い方がわからないということを避けたい

以上です。

 

全ての結論はこれなんですよね。

 

まぁウマ娘に限らずなんですが、好きな作品、好きなイラストレーターさんのNFTが販売されたときに

『買い方がわからなくて買えなかった!』

というのがイヤなんですよね。

 

欲しくても買い方がわからなかった結果、購入することが出来ず、転売ヤーから買う羽目になる。

 

そんなの悔しくないですか?

 

ウマ娘のNFTが発行された時を妄想してみる

現状のウマ娘のアプリ内に組み込まれるようなNFTの発行はおそらく難しいため、基本的にはアート作品やファンアイテムとしての販売が主になると思います。

 

そのため、買ったとしてもメリットはないんですが、もし仮にサポカの本物を販売します!って言われた欲しくないですか?

 

例えば

『SSRナイスネイチャの画像を世界で1枚という証明書付きで発行します!』

 

公式からこんなこと言われたら、たとえアプリ内での恩恵が全くなかったとしても私は欲しいんですよね。

 

こんなにかっこいいナイスネイチャのイラストですから、Twitterのアイコンに使ってる人、待ち受けにしてる人もたくさんいるでしょう。

 

しかしそれら全ては偽物で自分が持っているのが本物であるという優越感。

 

たまらん。。。

 

モナリザの本物を持ってるようなものですから。

 

ちなみにこれがNFTということを前提に話をしていますが、

例えば

『A4サイズの額縁に入れてサポカの複製原画を販売します!』

となったら皆さん買いますよね?

 

まぁ私は買わないんですが。

 

せっかくなら私は複製原画ではなく、本物の原画が欲しい。

 

それをかなえてくれるのがNFTアートというものです。

 

ただ、そうじゃなくても購入者に特典がある形での販売も可能だと思うんですけどね。

 

購入者にシリアルナンバー配布して、限定サポカとかジュエルプレゼントとか。

 

ブルーレイと同じ仕組みですよね。

 

NFT自体はゲームに影響はしないけど、購入特典がある。みたいなソシャゲはこの先出てきてもおかしくないんじゃないかと思います。

実際にNFTになる可能性を考える

今年中と言いきることは難しいですが、数年以内にはNFTは出てくるんじゃないでしょうか。

 

ゲームとNFTの相性は間違いなくいいんですよね。

 

ウマ娘じゃなくても、NFTをうまく取り入れるソシャゲは確実に出てくると考えています。

 

人気のゲームやアニメに関わっている人たちも続々とNFTに参加してきていますからね。

 

どんなNFTがあるのか、どんな方がNFTをやっているのか、少し紹介します。

1.AZUKI

アニメ系のイラストで最も巨大で有名なNFTと呼べるAZUKI

 

こちらは現在販売されているもので、約1,000万円の値段が付けられています。

 

こちらのNFTのキャラクターデザインは、世界中で今も人があるバトルロイヤルゲーム

 

『Over Watch』のキャラクターデザインを手掛けていたアーノルド・ツァン(Arnold Tsang)氏が手掛けています。

 

2021年ごろからいろいろと不祥事が発覚したBlizzard社を2022年に退職し、現在はAZUKIというプロジェクトにメインで携わっています。

 

FPSなどが好きな方でなければ、なかなかご存知ないかもしれませんが、世界大会なども開催されているOver Watchのキャラクターデザインをしていた方が発行したNFTが約1,000万円

 

発売当時の時点でも3,400ドル(約40万円)と高額なものではありますが、Over Watchファンにとってはよだれが出るほど欲しくなるであろう自分のためだけのオリジナルのキャラクターたち。

 

当時40万で買えたものが、いまや25倍の1,000万円以上

 

知らなかったから買えなかった。買い方がわからなかったから諦めた。じゃ済まないような金額になっています。

2.さいとうなおき

続いては日本を代表するイラストレーターである『さいとうなおき先生』です。

 

ポケモンカードをプレイしている人でなければご存知ないかもしれませんが、ポケモンカード界のレジェンドです。

ポケモンカードのイラストを12年以上手掛けています。

 

過去ニュースにもなりましたが、さいとう先生が書いたNFTが600万円で取引をされました。

 

 

先ほどのAZUKIと違って、オークション形式で世界でたった1枚の絵を発行したため、最初からこの値段がつきました。

 

流石に全く手が出ない価格帯になってしまっていますが、先日MEGAMIという1万点発行されるNFTプロジェクトも始まりました。

 

1万点(1万種類)という販売枚数なので、初動で購入することが出来ればおそらく高くても数万円で購入することが出来ると思います。

 

これもおそらくこのプロジェクトを知らなければ、数万円で買えたものが数十万でしか購入できなくなるということはザラにあると思います。

 

さいとうなおき先生は積極的にNFTに関する発信をしているので、さいとうなおき先生のファンの方はNFTの買い方などは学んでいる方が多いのではないでしょうか。

3.ツインエンジェル

実はしれっと販売していたパチスロでの人気コンテンツ『ツインエンジェル』

 

こちらは普通のトレーディングカードのようにパックで販売され、自分で開封してNFTが出てくるような仕組みになっています。

 

先ほど紹介した『AZUKI』『さいとうなおき先生』と最も異なる点は、サミーというツインエンジェルを作り出した会社が販売をしているということ。

 

イラストレーターさんがオリジナルのイラストでNFTを発行するわけではなく、既存のアニメコンテンツをNFTとして販売しているわけですね。

 

現状、大きな盛り上がりを見せているわけではなく、同じイラストも複数枚存在するためまだまだ安い値段で購入することが出来ますが、限定NFTなどがでてくる可能性もあるかと思います。

 

ツインエンジェルが好きな人は今のうちに購入方法を学んでおかないと、推しキャラの限定NFTが出た時に買い方がわからなくて泣きを見る可能性があります。

その他にもたくさんの方がNFTに関心を向けている

結局まだ販売されていませんが、人気アニメ『花咲くいろは』や人気ゲーム『ロロナのアトリエ』などのキャラクターデザインを手がけた岸田メル先生も過去に販売をほのめかしていたり

 

手塚治虫コレクションのNFTが販売されていたりします。

>>手塚治虫コレクションの公式HP

 

紹介した方々だけでもNFTとアニメの親和性の高さは理解していただけたのではないでしょうか。

 

そのため、ゲーム、アニメというだけでNFTになる可能性は非常に高いと考えます。

 

特にITに長けているCygamesがインターネットの先端技術に触れないわけがないと思っています。

 

NFTを出したいとは思っているが、タイミングを見計らっているだけの可能性も十分にあるんじゃないでしょうか。

クレジットカードで簡単に買えるかも?

既にLINEで販売されている『資産性ミリオンアーサー』なんかはクレジットカードでサクッと買えちゃいます。

 

そのため、ウマ娘のNFTなんかもクレジットカードで簡単に買えるように設計してくるかもしれません。

 

だがしかし。

 

クレジットカードで買えたところで、仮想通貨の取り扱い方がわからないから売り方がわからなくなるんですよね。

 

コレクターアイテムだから売ることないし、いいんじゃね?と思ったら大間違い。

 

仮に、1万円でさきほどのナイスネイチャのNFTを購入出来たとします。

 

しかしこれもアートの1つ

 

人気が出れば、100万円とかの価値がつくかもしれません。

 

その時に売らずに持っておけますか?

 

私だったら5万とか10万くらいなら売らないけど、100万と言われちゃったら売るかなぁ....

 

さぁ、購入時はクレジットカードでしたが、NFTの売買は仮想通貨を利用して行われます。

 

その時あなたは売り方がわかりますか?

 

今の状態じゃわからない人が大半でしょう。

 

売り方を学んでいる間に100万円で買いたいといってた人の気が変わって、売れなくなるかもしれない。

 

ウマ娘の運営がなにか不祥事を起こして、価値がなくなるかもしれない。

 

なんなら100万で買いたいと言ってくれた人が教えてくれたと思ったら、わからないことをいいことにしれっと盗まれるかもしれない。

 

それを防ぐためにも今のうちにNFTに触れておいた方が、なにかあったときも安全なんですよね。

 

現に資産性ミリオンアーサーも結構買いましたが、いまだに売り方がわからん....

 

まぁLINE NFTはそもそも死ぬほど使いづらいんですけどね....

好きなNFTが買えなくて困らないために買う

イラストレーターさん、アニメコンテンツが現状の日本のNFTとどれだけ密接な関係にあるかわかってもらえたでしょうか。

 

10%くらいの人にしか現状では伝わらないんじゃないかなぁと思ってます。

 

それでも

 

NFTの買い方がわからない。

そもそもNFTってなんやねん。

 

こんなことで買い時を逃して後悔したくないですし、せっかく私を知ってくださった方には後悔してほしくないんですよね。

 

私の場合は、世界で一番好きなイラストレーターである有葉先生がNFT出しようもんなら全財産使って突っ張ります。

 

この素晴らしい美しさ。見てくださいよ。何があろうと人生で最推しのイラストレーターさんです。

 

まぁ成人向けのイラストレーターさんなので、不特定多数の方にオススメはできないんですが....

 

私と同じようにオタク仲間の皆さんにはおそらく推し作品、推し絵師さんはいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

本当に一番のきっかけは、有葉先生がNFTに進出したらやべぇ!!!という思いでNFTに触れる生活がスタートしました。

 

かなりお忙しい方なので、自ら始められる機会はないかもしれませんが、ご依頼できるタイミングがあれば40万くらいでご依頼しようとたくらんでおります。

 

そんなこんなでNFT専門のブログも立ち上げました。

【簡単】1万円でNFTを購入する方法【手順を紹介】

 

この記事を読んでくださったほとんどの方はNFTを購入しないと思いますが、少しでも触れるきっかけになれば幸いです。

 

もしNFTを買ってみたいという方はDMを下されば、手厚くサポートしますので是非ご連絡ください。

>ぎのっちのTwitter(@ginocchi_HC)

5年以内にはNFTが日常的に使われるような世界が来るとは思いますので、その時に出遅れて後悔しないようにしましょう!

 

TOPへ戻る
ぎのっちの「ウマ娘」無課金育成日記

続きを見る

-その他

© 2022 ぎのっちの「ウマ娘」無課金育成ブログ