アオハル杯 ウマ娘無課金育成

【無課金でS+】賢さ4枚でS+マイル育成【評価点重視】

こんにちは。ぎのっちです。

 

最近、急にS+が育成できるようになりました。

 

評価点が爆伸びした要因は1つだけ。

 

因子周回での育成でした。

 

今回は私が最近育成したS+っぽくないタイキシャトルを参考に解説していきます。

 

※強いウマ娘ではなく、評価点の高いウマ娘の育成となります。

S+を育成するポイント

◎スピードと賢さをカンストさせる

◎出れるG1レースにすべて出る

この2つを意識すれば大丈夫です。

 

S+タイキシャトルの例

 

こちらのタイキシャトルのステータスですが、Sにも届いていなさそうなステータスをしていますよね。

 

ただし、スキルは合計20個ほど取得しています。取りすぎちゃって1画面には映りきらないんですよね。。。

 

スキルを大量に取ることが出来れば、A+の後半くらいのステータスになっているだけでも十分にS+を狙えるということになります。

 

ただし、やはりパワーが低いのでチーム競技場では戦うことはできません。。。

育成のすすめかた

個人的にはダートも芝も出走できるタイキシャトルを推奨します。

 

他の短距離、マイルの子に比べてレースに出られる数が多いからですね。

 

持っていないという方はサクラバクシンオーでチャレンジしてみてください。

 

サクラバクシンオーを育成する場合はマイル適性をAにすることを忘れずに

スピードと賢さをカンストさせる

過去の短距離からマイルの育成記事でもある程度紹介していると思いますが、

◎賢さサポカの絆ゲージを最優先

◎賢さ練習で体力を回復して練習回数を増やす

この2点に集中して育成を進めていきましょう。

 

賢さもスピードも速めにカンストしてしまって構いません。

 

それくらいの気持ちで賢さを連打していきましょう。

関連記事
【ウマ娘】アオハル杯Sランク育成【短距離~マイル編】

続きを見る

デッキ編成

今回はかなり無課金寄りの編成で育成をしてみました。

 

おやすみをせずに、賢さで体力を回復していくためには毎ターン賢さの友情練習が発動しているくらいにしておきたいです。

 

そう考えると、スピード2枚、賢さ4枚が個人的にはバランスが取れるギリギリのラインだと思っています。

 

スピード1枚、賢さ5枚の方が体力管理は確実になりますが、スピードのカンストを狙うことが難しくなってしまいます。

 

そのため、賢さ4枚を基本で練習してみてください。

おやすみをするタイミング

わたしがおやすみを選ぶときに意識していることは以下の通り

◎体力が4分の1以下で、2人以上の賢さ友情練習がないとき
※目安は賢さ練習の失敗確率が1%以上

◎体力が半分以下でスピードも賢さも友情練習が発動していないとき

このような状態になったら基本的におやすみするようにしています。

 

友情練習ができないジュニア級では、賢さサポカを追いかけつつ、賢さ練習で体力を調整。

 

半分以下にならないように絆ゲージを貯めていきます。

 

もちろん『体力が半分しかないけど5人集まってて絆ゲージが大量に貯められる!』というような場合には練習して、次のターンはおやすみを選んでしまって構いません。

因子はどうするの?

今回の育成では因子は一切気にしていません。

 

私自身も地固めと登山家が欲しかっただけなので、ステータスの上がる青因子に関しては全く気にしていませんでした。

 

強いウマ娘を育成したいという方はパワー重視(スピード3、パワー15)で因子を振ってみてください。

 

ただし、サクラバクシンオーで挑戦する場合は必ずマイルの適性をAにしてください。

 

出れるG1レースにすべて出る

今回はタイキシャトルを例としてお話していきます。

 

タイキシャトルの場合、以下のようなレーススケジュールになります。

ジュニア級

メイクデビュー

12月前半:朝日杯フューチュリティステークス

クラシック級

1月前半:シンザン記念(シナリオ)

4月前半:桜花賞→忘れがち

5月前半:NHKマイルカップ

6月前半:安田記念

6月後半:ユニコーンステークス(シナリオ)

9月後半:スプリンターズステークス→忘れがち

11月後半:マイルチャンピオンシップ(シナリオ)

12月前半:チャンピオンズカップ

シニア級

2月後半:フェブラリーステークス

3月後半:高松宮記念

5月前半:ヴィクトリアマイル→忘れがち

6月前半:安田記念(シナリオ)

9月後半:スプリンターズステークス(シナリオ)

11月後半:マイルチャンピオンシップ(シナリオ)

12月前半:チャンピオンズカップ

合計:17レース+URA3レース

※クラシック、シニア共に11月前半にJBCがあるが、3連続出走になるため見送り
※サクラバクシンオーで育成する場合にはダートレースを抜いてください。

 

これくらいの出走数であれば、スピードと賢さのカンストはなんとか狙えるくらいの練習量になると思います。

 

クラシック6月が連戦となるため、合宿前の体力管理に注意が必要です。

 

賢さサポカ4枚の絆ゲージが貯まっている状態であれば、合宿の4ターンすべてを賢さ練習での体力回復に当てるのもあり。

 

絆ゲージの貯まり具合などによって調整してください。

アオハル爆発はどうしたらいいの?

基本的には『賢さ』か『スピード』で爆発させましょう。

 

体力消費が非常に高くなっているので、次のターンにおやすみを選ばなくてはいけないくらいの体力減少は避けなくてはいけません。

 

そのため、最優先は賢さでの体力回復。

 

もちろん、この育成に慣れてきて『評価点が高くて強いウマ娘を育成したい!』という場合には、

 

極力パワーで爆発させるなど自分の目標ステータスに近づけるために有効活用してください。

出走できる限りのレースに出走した結果

スキルポイントが約2,200ptになりました。

 

これだけあれば、金スキルを何個か含めた状態で少なくとも15個はスキルを取ることが出来ることでしょう。

 

ちなみにアオハル杯決勝で負けているので、全勝できれば2,400ptくらいはもらえると思います。

 

ポイントがありすぎて取れるスキルがない!という人は

 

短距離のスキルも、マイルのスキルも取っちゃいましょう。

 

今回はあくまで評価点を高くするための育成であり、短距離で最強のウマ娘を育成しているわけではありません。

 

この育成に慣れてくれば、強そうなウマ娘を育成することもできるようになるので、慣れるまでは我慢してください。

お正月イベントもスキルポイントをもらう

お正月の選択肢でもクラシック、シニア両方とも一番下を選んで、スキルポイントをもらっています。

 

基本は回復を推奨していますが、賢さで回復できちゃうんで必要ないんですよね。

 

なので、基本的には一番下のスキルポイントを選びましょう。

育成まとめ

今回のS+を目指した評価点育成でのポイントは以下の通りです。

◎スピードと賢さをカンストさせる

◎出れるG1レースにすべて出る

スキルポイントはかなり余ると思いますが、評価点を上げるにはぴったりです。

 

この育成を試してみて、うまく育成ができるようになったら、出走するレースの数を減らしてパワー練習を増やしてみるなどしてみてください。

 

そうするとこんな強そうなS+も育成することが出来ます。

もちろんこれは、アオハル爆発がパワーに偏ってくれたり、スピードと賢さが早い段階でカンストしてくれたりとかなりの運の要素は絡みますが、可能性の1つとして参考になれば幸いです。

 

特にキタサンブラックの完凸を持っている方はこの子より強い子は簡単に育成できちゃうかもしれません。

 

育成の流れのなかでどうしてもここが上手くいかない、わからないなどあればツイッターアカウント(@Ginocchi_HC)にてお気軽にご相談いただければと思います。

 

それでは、ワンランク上の育成目指して、頑張っていきましょう!

関連記事
【ウマ娘】アオハル杯Sランク育成【中~長距離編】

続きを見る

TOPへ戻る
ぎのっちの「ウマ娘」無課金育成日記

続きを見る

-アオハル杯, ウマ娘無課金育成

© 2022 ぎのっちの「ウマ娘」無課金育成ブログ